ベラジョン ライブカジノ バカラ

ベラジョンのバカラのライブカジノ

 

ライブバカラです

 

ベラジョンのライブカジノと言えば、
まず思いつくのがバカラです。

 

バカラはカジノを代表するゲームですからね。

 

ディーラーとのやり取りでゲームが進むので
オンカジの醍醐味と言えます。

 

 

ところで、バカラは日本人にとって
今ひとつ馴染みのないゲームですよね。

 

それは、カジノ文化が育っていないからでしょう。

 

したがって、バカラのルールも
今ひとつはっきりしない人が多いみたいです。

 

ハイローラーで楽しむのであれば、
バカラはしっかりと知っていないといけませんよね。

 

バカラのルール(概要)

通常のゲームは
ディーラーとあなたの対戦が多いです。

 

しかし、バカラは違います。

 

バカラには4人の登場人物がいます。

 

(1)バンカー(銀行家)
(2)プレーヤー
(3)ディーラー
(4)あなた

 

 

上の(1)(2)(3)をディーラーが兼ねます。

 

この3者に関して、
(3)ディーラーが配るトランプカードで
(1)バンカーと(2)プレーヤーがゲームを行います。

 

そして、どちらが勝つかを当てるのが(4)あなたです。

 

 

つまり、あなたはプレイには参加しません。

 

バンカーとプレーヤーの勝負を見て、
どちらが勝利するかを予想するのです。

 

当たったら、配当金が貰え
はずれたら、賭金を失います。

 

ネットがあればいつでもどこでも!ベラジョンカジノを利用するならこちら!

 

バカラの詳しいルール

ゲームが始まる前に、あなたは
バンカーとプレーヤーのどちらが勝つかを予想します。

 

チップをどちらかに置きます。

 

※引き分けの選択肢もありますが、
当たる確率が低いので、説明の都合上割愛します。

 

 

ディーラーは
バンカーとプレーヤーに
カードを2枚ずつ配ります。

 

配られたカードは常にオープンです。

 

 

ここで数字の数え方が特徴的です。

 

A・・・1点
2・・・2点
3・・・3点
4・・・4点
5・・・5点
6・・・6点
7・・・7点
8・・・8点
9・・・9点
10・・0点
J・・・0点
Q・・・0点
K・・・0点

 

絵札は、0点で、あとは数字通りですね。
そして、2枚の合計点の下一桁が
9に近いほうが勝ちです。

 

 

例えば、7と8だったら、合計が15になります。
この下一桁は5ですので、5点です。

 

 

3枚目を追加する条件とは?

 

ところで、オープンで2枚ずつのカードが
バンカーとプレーヤーに配られています。

 

8点、9点

 

この時点で、どちらかの点数が
8点または9点だったら、
その点数をとった側が勝利です。

 

同点であれば、引き分けです。

 

 

では、点数が7点以下だったら、
3枚目のカードをもらうかどうかになります。

 

このルールは決まっており、
バンカーとプレーヤーの点数によります。

 

プレーヤーが6点、7点

 

プレーヤーが6点、7点の時は
バンカーが5点以下でバンカーが3枚目を追加

 

プレーヤーが5点以下

 

プレーヤーが5点以下の時は
バンカーの点数によって変わってきます。
 7点だとプレーヤーが3枚目を追加

 

 3点〜6点だとプレーヤーが3枚目を追加し、
 得点によってバンカーに追加するかどうか決定

 

 0点〜2点だと両者が3枚目を追加

 

 

このルールは、憶えておかなくても遊べます。
しかし、
このルールを知っておくと、バカラは俄然面白くなります。

 

 

ハイローラーに向くバカラ

 

バカラは1回の勝負が
他のゲームに比べ断然早く決着します。

 

つまり、ゲームがどんどん進むわけですね。

 

そのため、短時間で大きく勝てるゲームとされています。

 

ハイローラー向きですね。