ベラジョンの仮想通貨

仮想通貨の安全性(1)

 

こんにちは、ろーらーぶーけです。

 

 

仮想通貨に力を入れているベラジョンですが、
安全性の面から考えると、大丈夫なのでしょうか?

 

 

仮想通貨あるいは暗号資産などと聞くと
なんとなく、怪しいのではないかと思いがちです。

 

実際は怪しくもなんともないのですが、
イメージはちょっと怪しそうですよね。

 

2017年の改正資金法で、
仮想通貨の存在が正式に認められました。

 

正式な取引で使用することが可能です。

 

その方面の安全性は認められました。

 

 

通貨として

 

では次に通貨の価値としての安全性です。

 

 

通貨は価値をはかるアイテムです。
売買には売る側と買う側が存在します。

 

その両者共、価値を認めるアイテムであれば
そこに売買が成立します。

 

片側だけがどんなに価値を主張しても
相手が価値を認めてくれなければ、
通貨は成立しません。

 

多くの人が認めるとそれは通貨として認められます。
そして、その価値が高いと多くの人が認めると、
多くの人が安心して使えます。

 

その代表が、法定通貨であるところの、
日本円や米ドルです。
それを国が手動で管理しているので
中央集権型の通貨の認識されています。

 

 

同じように、
仮想通貨も多くの人が認めれば、
普通に通貨として成立します。

 

 

それではビットコインを始めとする
仮想通貨は何を担保にしているのでしょうか。

 

 

それはブロックチェーンなのです。