オンラインカジノ ベラジョン 違法性

オンラインカジノ(ベラジョン)の違法性は?

 

オンラインカジノの違法性は?

 

カジノは日本では禁止されています。
カジノに限らず、公営ギャンブルを除いて
日本で賭け事は禁止されています。

 

toto は認められています。

 

ギャンブルではありませんが、
似たようなシステムである宝くじは認められています。

 

パチンコは、様々な工夫をして、運営を続けます。

 

カジノはIR法案が検討されていますが、
未だ実施には至っていません。

 

 

さて、ベラジョンを始めとする、
オンラインカジノに違法性がないのでしょうか?

 

法律の目的

ここで考えなければならないのは、
日本の法律がどのような観点で成立しているかということです。

 

日本には賭博を取り締まる法律があります。

 

・単純賭博(刑法185条)
・常習賭博および賭博場開帳等図利(刑法186条)

 

この2つの法律が成立した目的は
胴元を取り締まることです。

 

すなわち、カジノを開いて儲けてはいけません。
というのが、目的法律です。

 

胴元の検挙がないと、本来の目的から
逸脱するということになりますね。

 

カジノで言えば、胴元とは、
ベラジョンのような運営会社のことです。

 

このベラジョンが日本で運営していれば
問題がありますが、
ベラジョンは外国で運営されています。

 

ベラジョンに限らず、
他のオンラインカジノの運営会社も
全て外国で運営されています。

 

 

ですから、法律の成立目的から考えると
胴元を検挙できない仕組みになっています。

 

実際の事件

それでは、実際にプレーヤーで
捕まった例はあるのでしょうか?

 

2016年3月に
捜査を受けたプレーヤーがいました。

 

その際に、
裁判で闘うことを決めたプレーヤーがいました。

 

しかし、検察は不起訴処分にしました。

 

 

この事件は、
日本でオンラインカジノを利用する人たちに対し、
大きな参考事例となりました。

 

国内でオンカジを利用することは
違法とはならないことの、
いわば裏付けとなったのでした。

 

 

運営会社である胴元を取り締まるための
法律であることがわかっているのに、
プレーヤーだけを処罰するのは
不当であるというのが結論のようです。

 

 

すなわち、オンカジをプレーして
捕まった例はありますが、
違法性は認められないということに
なったようです。